ライアットゲームズ社が開発する新作FPS『VALORANT(ヴァロラント)』において、放置行為いわゆる“AFK”を行ったプレイヤーに対して、運営側がペナルティを加える予定だと発表した。公式アカウント(@PlayVALORANT)が14日に伝えている。

現在クローズドベータテスト期間中の『VALORANT』だが、ランクマッチかどうかに関わらず、試合中にゲームを放置したり、ゲームを落としたりするプレイヤーなどが増えてきたと言われている。

そうした状況を改善すべく今回のツイートが発表された。内容は「複数回のAFKが認められたプレイヤーに対して、キュー制限を含めたペナルティを加えます。ただしサービスの提供が不安定の場合は、ペナルティに注意を払います」というものだ。

『VALORANT』は5対5で最大25ラウンドという長時間にわたってプレイされるゲームなだけに、プレイヤーのAFK行為などはゲームのクオリティ低下に直結する。そのため、今回の発表は大きな変化と言えるだろう。

現在のところAFKに対するペナルティの実装日などは公開されていない。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here